時代の進化に合わせてシステムマイグレーション

  • エレベーターについて色々知りましょう

    • 最近ではバリアフリーの考え方が浸透してきており、自宅にホームエレベーターを設置する人が増えてきています。


      ホームエレベーターにも様々な種類があり、2人用から4人用まで様々です。

      車椅子の人がいる場合には広い奥行きのエレベーターを設置する事もできます。

      以前であればエレベーターは新築のみの対応でしたが、最近ではリフォーム時に取り付ける事ができる商品も開発されています。

      停電時にバッテリーで自動運転できる商品も開発されています。


      会社によっては遠隔操作が可能な場合もあります。


      使用しない時には省エネモードになる商品も作成されています。価格ですが、以前だと300万円から400万円程度の価格でしたが、最近では200万円程度の商品も開発されています。
      エレベーターを考えていく上で考えておく必要があることに、メンテナンスの費用があります。


      年に一回は法定点検を行う義務があります。事前に最低5万円から6万円程度かかります。法定点検をする前に事前見積もりをしておく必要があります。

      その他の費用として電気代がかかりますが、1ヶ月1000円程度と言われているためあまり心配する必要はありません。


      誰でも使いやすい商品が開発されています。
      読みやすい操作パネルが付いていたり、音声アナウンスができるタイプもあります。
      不具合が生じた時の保証もしっかりとしています。

      万が一不具合が生じた場合には無料で修理してもらえる場合がほとんどです。

















  • 関連リンク

    • システムマイグレーションは自分で行うのではなく、業者に代行して貰う事も出来ます。業者に代行して貰う事で、システムを他のプラットフォームに移行する作業にかける手間を省きつつ、他の仕事をこなす事も出来るようになります。...

    • エレベーターは人や荷物を移動させる昇降機の事を指します。その歴史は紀元前にまで遡り、古代ギリシャの発明家がロープと滑車で操作するものを発明したことが始まりと言われています。...