時代の進化に合わせてシステムマイグレーション

  • ついつい忘れがちなエレベーターでのマナー

    • 急いで乗ることが多いエレベーターでは、ついついマナーを忘れがちになります。

      見ず知らずの人だからあまり気にしていないという人もいるかもしれません。
      しかし、見ず知らずの人同士だからこそマナーをきちんと守ってエレベーターに乗ることで短い時間を気持ちよく過ごすことができるのです。
      まず、待つときです。
      扉の正面に立つことは避けましょう。
      降りる人が優先ですので邪魔にならない位置で待つことが大切です。

      また、来客者や上司とエレベーターを待つ際にはどちらが先に乗るのか迷うかもしれません。

      その際には「お先にどうぞ」と一言声をかけ、上下のボタンを押して扉が閉まらないように気を付けながら先に乗っていただきましょう。

      それに続いて自分も乗り込みます。次に乗ってからです。率先して操作盤の前に立ち、同乗者に「何階ですか?」と声をかけて行き先の階を押してあげましょう。
      そして途中階でエレベーターが扉が開いた時には、降りる人と乗る人の出入りが終わるまで扉を開けておくよう気遣いが必要です。また、友達同士で乗っている場合でもおしゃべりはしないようにしましょう。

      エレベーター内での会話は他の人が聞こうと思っていなくても聞こえてしまいます。

      笑い声などは特に一緒に乗っている人に不快感を与えますので気をつけましょう。
      そして意外に忘れがちなのが携帯電話の操作です。人との接触を避けたいがために携帯電話とにらめっこしている人も多いと思いますが、携帯電話からは微弱な電波が出ていますので、医療機器を付けている人がいた場合のことも考え操作を少し控えるようにすると良いですね。

















  • 関連リンク

    • 個人や法人などでゲームを製作するとき、ゲームに使うキャラクターのイラストやモンスターのイラスト、ゲーム中の背景イラストなどを用意する必要があります。これらのイラストがあれば、ゲームを製作するときにチーム内にイメージが伝わりやすいのでゲーム製作がスムーズにできるのです。...

    • ゲームイラスト制作はスマホのゲームアプリ開発のために多くの需要を集めています。作業を行う業者も多く、美麗なイラストを提供するものとなっています。...