時代の進化に合わせてシステムマイグレーション

  • 今では当たり前にあるエレベーターの歴史

    • エレベーターは人や荷物を移動させる昇降機の事を指します。その歴史は紀元前にまで遡り、古代ギリシャの発明家がロープと滑車で操作するものを発明したことが始まりと言われています。

      ローマ時代になると当時の皇帝は宮殿内に人力で動くエレベーターを使用するようになり、闘技場のある建築物では闘技場のある階層まで剣闘士や動物などを運ぶ人力エレベーターが用意されていました。


      中世ヨーロッパになるとすでに滑車を利用した巻上方式が利用されるようになり、17世紀になるとカウンターウェイトを利用したものが発明されました。


      さらに19世紀になると水圧を利用した水圧方式が発明され、工場などに利用された事で当時の工業の発展に大いに貢献されていました。

      ちなみに、水圧を利用したものは世界遺産として登録されている塔の建設当時から現代に至るまで利用されています。水圧方式や蒸気機関方式では冬場に水が凍ってしまい利用ができなくなったり、速度が遅いというデメリットがあったため、1889年に電動式方式が開発されました。それ以降、時代の経過とともに電気の供給が安定してくるとこの電動式が一般的となりました。

      エレベーターの技術の発展は高層ビルの発展にも密接な関係があります。1880年代以降に欧州で始まった高層ビルの建築競争は様々な歴史的高層建築物を生み出し、1920年代になると当時世界一の高さを誇っていた世界遺産の塔の高さを上回る建築物が現れ始めました。

















  • 関連リンク

    • 急いで乗ることが多いエレベーターでは、ついついマナーを忘れがちになります。見ず知らずの人だからあまり気にしていないという人もいるかもしれません。...

    • 今ではケータイゲーム機以外にもスマホやガラケーなどでもゲームが沢山出てきています。内容も面白いものが沢山ありますが注目をすべき点としてはそのゲームの一つ一つにイラストがしっかりと施されているということになっています。...